Hondaは、優れた環境性能やお求めやすい価格などで好評のハイブリッド車「インサイト」の操縦安定性と乗り心地を向上させるとともに、内装の質感を向上させ、本日発売します。

●インサイトの主な変更点
・ サスペンション特性の見直しにより、操縦安定性と乗り心地を向上。
・ エアコンアウトレットとドアライニングにシルバー加飾を施し、センターパネルのデザインを変更することにより、内装の質感を向上。
・ Gに、マップランプとアームレスト付センターコンソールボックスを追加装備(全タイプ標準装備)。
・ LとLSにクルーズコントロール(照明付ステアリングスイッチ付)とウォッシャー付間欠リアワイパー(リバース連動)を標準装備。
・ LSに15インチアルミホイールを標準装備し、燃費を30.0km/L※1に向上。
・ LSに本革巻セレクトレバーを標準装備。また、本革シート&専用インテリア(運転席&助手席シートヒーター付)※2をメーカーオプションで設定。
・ メーカーオプションのHonda HDDインターナビシステムは、通信費無料※3で各種情報サービスを気軽に利用できるリンクアップフリーに、多彩なルート配信が可能なインターナビ・ルートとエコアシストの機能をHondaとして初めて同時に採用。

※1 10・15モード走行燃料消費率
※2 ドアライニング、センターコンソールが専用デザインとなります
※3 装備された専用通信機器でのデータ通信のみ対象。専用通信機器以外の携帯電話などを利用したデータ通信およびハンズフリーテレホンによる音声通話の通信費は対象外。また、車検時にHonda販売会社で更新手続きをしていただくことが継続の条件となり、更新手数料は Honda販売会社で車検を受けた場合は無料、それ以外で車検を受けられた場合、別途更新手数料が必要となります

詳しくはこちらかをご覧ください。