Hondaは、優れたパッケージングや先進スタイル、低燃費で好評のスモールカー「フィット」をマイナーモデルチェンジするとともに、「フィット ハイブリッド」を追加し、本日発売します。

フィットは、Honda独創のセンタータンクレイアウトを活かした高効率なパッケージング技術による広い室内空間や、多彩なシートアレンジ、優れた燃費性能などにより、多くのお客様からご好評をいただいています。
今回は、「資質の進化」と「価値の拡大」を目指し、ベースモデル「13 G/13 L」の燃費性能や使い勝手をさらに向上させるとともに、上質感を追求した「15 X」と、走る楽しさを追求した「RS」も、それぞれの個性を強化しました。
そして、フィットのラインアップに、新たに「フィット ハイブリッド」を追加し、Hondaのハイブリッドモデルとしては、最もお求めやすい価格となる159万円※1から発売します。さまざまな工夫により、ハイブリッド用バッテリーなど※2を荷室下に収めることで、フィットならではの居住性やシートアレンジといった特長をそのままに、30km/L※3の優れた燃費性能と気持ちの良い走りを実現しました。

フィットは、2001年6月に日本で販売を開始し、2010年9月に、国内販売累計150万台を達成。また、日本を含む8つの国と地域の全10拠点で生産、世界の約115ヵ国で、累計350万台以上※4を販売し、世界中でご好評をいただいています。

※1 全国メーカー希望小売価格。消費税込み
※2 PCU(パワー・コントロール・ユニット)とバッテリーで構成されるIPU(インテリジェント・パワー・ユニット)
※3 フィット ハイブリッド。10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
※4 Honda調べ。海外での車名はフィットまたはジャズ

詳しくはこちらかをご覧ください。