Hondaは、コンパクトなボディサイズに、使いやすいゆとりの室内空間、スタイリッシュなデザインなどで好評のコンパクトミニバン「フリード」をマイナーモデルチェンジし、本日発売します。

フリードは、CVTのフリクション低減などの改良により、燃費を従来モデルから0.6km/L向上させ、17.0km/L※1の優れた燃費性能を達成。さらに、エンジンやトランスミッション、エアコンなどを燃費優先に制御する「ECONモード」を新たに装備することで、実用燃費のさらなる向上を実現しています。また、ドアライニングを布張りとした他、インストルメントパネルやシート表皮などの内装の質感向上を図るなど装備内容も充実させました。

また、後退時の運転をサポートする、「後方視角支援ミラー」を全タイプ※2に標準装備としました。車内からの死角となりがちなエリアを正立像として確認することができ、後退時の運転操作に安心感を与えます。

なお、FF車は2009年4月から施行の「環境対応車普及促進税制(自動車取得税と自動車重量税の減税措置※3)」に対応しています。

※1 FF車。10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
※2 「Honda HDDインターナビシステム」を装着した場合は「リアカメラ」が装着されるため、後方視角支援ミラーは装着されません
※3 自動車取得税と自動車重量税が75%減税

詳しくはこちらかをご覧ください。