Hondaは、「N」シリーズ※1の第4弾モデルとなる新型軽乗用車「N-WGN(エヌ ワゴン)」、「N-WGN Custom(エヌ ワゴン カスタム)」を11月22日(金)に発売します。

  N-WGNは、軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラス※2の軽乗用車として開発。大人4人がくつろげる快適な室内空間や、予期せぬ車の横滑りを抑えるVSA(車両挙動安定化制御システム)などをすべてのタイプに装着した充実の安全装備に加え、新開発のエンジンとCVTによるスムーズでストレスのない走りと、29.2km/L※3(JC08モード)という低燃費を実現しました。また、軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備えています。

詳しくはこちらをご覧下さい

 

Hondaの福祉車両 新型軽乗用車「N-WGN」福祉車両を発表

 

目指したのは、日本のあたらしいベーシック。「N-WGN」誕生!