最新のニュース

15 / 15« 先頭...101112131415

エリシオン、エリシオン プレステージをマイナーモデルチェンジし発売

2010年11月18日

Hondaは、上質な空間や心地よい走り、先進的なスタイリングなどで好評のミニバン「エリシオン」「エリシオン プレステージ」の内外装の質感を向上するとともに、通信費無料※1のリンクアップフリーに対応した「Honda HDDインターナビシステム+リンクアップフリー」を設定し、本日発売します。

「Honda HDDインターナビシステム+リンクアップフリー」は、定期的に自動でデータ通信を行う通信費無料のリンクアップフリーにより、常に最新の交通情報に基づいた精度の高いルート誘導サービスを利用することができるだけではなく、リアルタイム走行データ(フローティングカーデータ)収集量の増加により、情報全体の精度向上にも貢献しています。

なお、2.4Lエンジン搭載車は引き続き2009年4月から施行の「環境対応車普及促進税制(自動車取得税と自動車重量税の減税措置※2)」に対応しています。

※1 装備された専用通信機器でのデータ通信のみ対象。専用通信機器以外の携帯電話などを利用したデータ通信およびハンズフリーテレホンによる音声通話の通信費は対象外となります。また、車検時にHonda販売会社で更新手続きをしていただくことが継続の条件となり、更新手数料はHonda販売会社で車検を受けた場合は無料、それ以外で車検を受けた場合、別途更新手数料が必要となります。
※2 自動車取得税と自動車重量税が50%減税*
* 2010.11.19訂正

詳しくはこちらかをご覧ください。

「ライフ」をマイナーモデルチェンジし発売

2010年11月18日

Hondaは、使い勝手のよさと運転のしやすさで好評の軽自動車「ライフ」をマイナーモデルチェンジし、本日発売します。また、福祉車両の「ライフ 助手席リフトアップシート車」は12月9日(木)に発売します。

新型「ライフ」は、従来の快適性や使いやすさはそのままに、Gタイプはより上質に、DIVAはより精悍にデザインを大幅に変更。さらに、常時点灯3眼メーターを採用するとともに、センターパネルなどの内装の質感を向上することでより魅力を高めています。
また、リアカメラや照明付きオーディオリモートコントロールスイッチなどを装備した、ナビ装着用スペシャルパッケージを新たに設定。多彩なラインアップのディーラーオプションナビゲーションシステムをお求めやすい価格で装着できるとともに、手元でのオーディオ操作を可能とするなど、お客様のドライブをより快適にしています。
さらに、新色2色を含む、全14色の豊富なカラーバリエーションを設定しています。

詳しくはこちらかをご覧ください。

コンパクトミニバン「フリード」をマイナーモデルチェンジし発売

2010年11月04日

Hondaは、コンパクトなボディサイズに、使いやすいゆとりの室内空間、スタイリッシュなデザインなどで好評のコンパクトミニバン「フリード」をマイナーモデルチェンジし、本日発売します。

フリードは、CVTのフリクション低減などの改良により、燃費を従来モデルから0.6km/L向上させ、17.0km/L※1の優れた燃費性能を達成。さらに、エンジンやトランスミッション、エアコンなどを燃費優先に制御する「ECONモード」を新たに装備することで、実用燃費のさらなる向上を実現しています。また、ドアライニングを布張りとした他、インストルメントパネルやシート表皮などの内装の質感向上を図るなど装備内容も充実させました。

また、後退時の運転をサポートする、「後方視角支援ミラー」を全タイプ※2に標準装備としました。車内からの死角となりがちなエリアを正立像として確認することができ、後退時の運転操作に安心感を与えます。

なお、FF車は2009年4月から施行の「環境対応車普及促進税制(自動車取得税と自動車重量税の減税措置※3)」に対応しています。

※1 FF車。10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
※2 「Honda HDDインターナビシステム」を装着した場合は「リアカメラ」が装着されるため、後方視角支援ミラーは装着されません
※3 自動車取得税と自動車重量税が75%減税

詳しくはこちらかをご覧ください。

2010年モデル「シビック TYPE R EURO」を発売

2010年10月28日

Hondaは、独創的でスタイリッシュなフォルムと、洗練された乗り味で好評の英国製※1「シビック TYPE R EURO」(3ドア)の外観などを一部変更し、1,500台の台数限定で本日発売します。

「シビック TYPE R EURO」は、幅広い領域での走る楽しさを目指して開発し、欧州で鍛えられた卓越した運動性能としなやかな乗り味を楽しめる大人のプレミアム・スポーツモデルです。
2010年モデル「シビック TYPE R EURO」は、従来の走行性能や洗練された乗り味はそのままに、ダーククロームメッキの加飾パーツを追加するなど質感を高めています。
「シビック TYPE R EURO」(2009年モデル)は、昨年11月に台数限定(2,010台)で日本に輸入・販売し、クルマを操ることを楽しみとするスポーツ志向のお客様にお乗りいただいています。

※1 ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド(1985年にウィルシャー州スウィンドン市に設立)にて生産

詳しくはこちらかをご覧ください。

「レジェンド」をマイナーモデルチェンジし発売

2010年10月21日

Hondaは、世界初の四輪駆動力自在制御システム(SH-AWD※1)の採用などで高い走行性能を実現し、数々の先進技術を搭載した最上級セダン「レジェンド」に、動力性能と燃費をともに向上させるHonda初の新開発6速オートマチックトランスミッションと、世界で初めて※2ホイールに消音装置を採用し、タイヤ内部で発生する騒音を低減する18インチノイズリデューシングアルミホイール※3を搭載するなど、商品力を向上させ、本日発売します。

※1 Super Handling All Wheel Drive(スーパーハンドリング・オールホイールドライブシステム)
※2 Honda調べ
※3 ユーロパッケージ仕様には、18インチノイズリデューシングアルミホイールは装着されません

詳しくはこちらかをご覧ください。

ステップ ワゴン スパーダ Z特別仕様車「クール スピリット」を発売

2010年10月14日

Hondaは、ゆとりのあるクラス※1最大の室内空間やクラス※1唯一の「3列目床下格納シート」などが好評の「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン スパーダ」に、特別仕様車を設定し、本日発売します。

「ステップ ワゴン」には、G・Lパッケージに人気のディスチャージヘッドライトなどを装備して、お買い得感のある価格設定とした特別仕様車「HID エディション」を設定しました。

「ステップ ワゴン スパーダ」には、Zタイプにフルセグ(12セグ)対応により高画質な地上デジタルテレビ放送を楽しめるなど多彩な機能を搭載したHonda HDDインターナビシステム※2を装備するとともに、内外装の質感を高めた特別仕様車「クール スピリット」を設定しました。

※1 5ナンバー2,000ccクラス、全高1,800mm以上、8人乗り(Honda調べ)
※2 インターナビ・ルート対応、7インチワイドディスプレイ、TV<12セグ>/AM/FMチューナー付 DVD/CDプレーヤー、AV入力端子、USBジャック、照明付オーディオリモートコントロールスイッチ、Bluetooth対応ハンズフリーテレホン機能、音声認識スイッチ付+6スピーカー+ETC

詳しくはこちらかをご覧ください。

新型「フィット/フィット ハイブリッド」を発売

2010年10月08日

Hondaは、優れたパッケージングや先進スタイル、低燃費で好評のスモールカー「フィット」をマイナーモデルチェンジするとともに、「フィット ハイブリッド」を追加し、本日発売します。

フィットは、Honda独創のセンタータンクレイアウトを活かした高効率なパッケージング技術による広い室内空間や、多彩なシートアレンジ、優れた燃費性能などにより、多くのお客様からご好評をいただいています。
今回は、「資質の進化」と「価値の拡大」を目指し、ベースモデル「13 G/13 L」の燃費性能や使い勝手をさらに向上させるとともに、上質感を追求した「15 X」と、走る楽しさを追求した「RS」も、それぞれの個性を強化しました。
そして、フィットのラインアップに、新たに「フィット ハイブリッド」を追加し、Hondaのハイブリッドモデルとしては、最もお求めやすい価格となる159万円※1から発売します。さまざまな工夫により、ハイブリッド用バッテリーなど※2を荷室下に収めることで、フィットならではの居住性やシートアレンジといった特長をそのままに、30km/L※3の優れた燃費性能と気持ちの良い走りを実現しました。

フィットは、2001年6月に日本で販売を開始し、2010年9月に、国内販売累計150万台を達成。また、日本を含む8つの国と地域の全10拠点で生産、世界の約115ヵ国で、累計350万台以上※4を販売し、世界中でご好評をいただいています。

※1 全国メーカー希望小売価格。消費税込み
※2 PCU(パワー・コントロール・ユニット)とバッテリーで構成されるIPU(インテリジェント・パワー・ユニット)
※3 フィット ハイブリッド。10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
※4 Honda調べ。海外での車名はフィットまたはジャズ

詳しくはこちらかをご覧ください。

インサイトを一部改良し発売

2010年10月08日

Hondaは、優れた環境性能やお求めやすい価格などで好評のハイブリッド車「インサイト」の操縦安定性と乗り心地を向上させるとともに、内装の質感を向上させ、本日発売します。

●インサイトの主な変更点
・ サスペンション特性の見直しにより、操縦安定性と乗り心地を向上。
・ エアコンアウトレットとドアライニングにシルバー加飾を施し、センターパネルのデザインを変更することにより、内装の質感を向上。
・ Gに、マップランプとアームレスト付センターコンソールボックスを追加装備(全タイプ標準装備)。
・ LとLSにクルーズコントロール(照明付ステアリングスイッチ付)とウォッシャー付間欠リアワイパー(リバース連動)を標準装備。
・ LSに15インチアルミホイールを標準装備し、燃費を30.0km/L※1に向上。
・ LSに本革巻セレクトレバーを標準装備。また、本革シート&専用インテリア(運転席&助手席シートヒーター付)※2をメーカーオプションで設定。
・ メーカーオプションのHonda HDDインターナビシステムは、通信費無料※3で各種情報サービスを気軽に利用できるリンクアップフリーに、多彩なルート配信が可能なインターナビ・ルートとエコアシストの機能をHondaとして初めて同時に採用。

※1 10・15モード走行燃料消費率
※2 ドアライニング、センターコンソールが専用デザインとなります
※3 装備された専用通信機器でのデータ通信のみ対象。専用通信機器以外の携帯電話などを利用したデータ通信およびハンズフリーテレホンによる音声通話の通信費は対象外。また、車検時にHonda販売会社で更新手続きをしていただくことが継続の条件となり、更新手数料は Honda販売会社で車検を受けた場合は無料、それ以外で車検を受けられた場合、別途更新手数料が必要となります

詳しくはこちらかをご覧ください。

「インスパイア」をマイナーモデルチェンジし発売

2010年08月26日

Hondaは、スポーティーな走りと洗練されたスタイリングで好評の上級セダン「インスパイア」をマイナーモデルチェンジし、本日発売します。
新しいインスパイアは新デザインのフロントグリルやフロントバンパーを採用し、力強さを表現しながら空力性能を高め、同時に燃費性能も向上※1しています。インテリアにはメーカーオプションとして人気の高いHonda HDDインターナビシステムを標準装備し、さらに快適装備などを充実させながらもお買い得感のある価格設定としています。
※1 10・15モード走行燃料消費率 9.9km/L(国土交通省審査値)、JC08モード走行燃料消費率 9.6km/L(国土交通省審査値)

◆インスパイアの主な変更点
・ 力強さを強調した新デザインのフロントグリルやフロントバンパー
・ スポーティーな印象に仕上げた新デザインの17インチアルミホイール
・ インテリアは室内のアクセントとして映える新デザイン木目調パネルや質感高いシルバー調インナードアハンドルを採用
・ Honda HDDインターナビシステムや雨滴検知ワイパーを標準装備
・ 新デザインの本革&木目調コンビステアリングホイールを標準装備
・ リアリーディングライトを新たに採用

詳しくはこちらをご覧ください。

15 / 15« 先頭...101112131415