N-BOX roof window door tire gas1 gas2 gas3 text

Honda News Hondaからのお知らせ

News ••••••• Honda Official

  • 新型「N-ONE」を発売

    2020年11月19日

     Hondaは、新型軽自動車「N-ONE(エヌワン)」を11月20日(金)に発売します。

     新型N-ONEでは、Nシリーズの提案する“Nのある豊かな生活”という想いのもとに日本の生活と時間を見つめて、日々の生活に寄り添いながら長く使えて飽きがこない、末永く愛せるクルマを目指しました。

     

    N-ONE Original

     

     

  • 「ODYSSEY」をマイナーモデルチェンジし発売

    2020年11月06日

    Hondaは、上級ミニバン「ODYSSEY(オデッセイ)」をマイナーモデルチェンジし、11月6日(金)に発売します。

    ODYSSEY e:HEV ABSOLUTE EX

     

    オデッセイは、Honda独自の超低床プラットフォームによる3列のゆとりある空間と風格のあるスタイリング、また2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」※1による優れた燃費性能と、上質で力強い走行性などでお客様よりご好評をいただいています。

     

     今回のマイナーモデルチェンジでは、エクステリアデザインを刷新するとともに、インテリアの質感向上や、コンビメーターパネル内の高精細フルカラー液晶パネルを大型化するなどの改良を加えました。また、ジェスチャーコントロール・パワースライドドア※2や、予約ロック※3搭載による使い勝手の向上、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※4に後方誤発進抑制機能を追加するなど、乗る人すべてにより安心、より快適に「豊かな時間」を過ごしていただけるよう商品の魅力を高めました。

    • ※1e:HEV(イーエイチイーブイ)は、電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバル統一呼称。“e:”には「electric(電気)をenergy(原動力)にして、みんなの笑顔と元気を力強くenergize(活気づける)していく」という意味が込められている
    • ※2日本国内で初(2020年11月時点Honda調べ)。パワースライドドアにあるセンサー部分が光っているときにジェスチャー操作を行うと、車両に触れずにパワースライドドアの開閉が可能
    • ※3Hondaとして初。(2020年11月時点Honda調べ)。あらかじめ施錠操作をすることでパワースライドドア等を閉めた後、自動で施錠する機能
    • ※4Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
  • 新型「N-ONE」をホームページで先行公開

    2020年09月11日

    Hondaは、この秋にフルモデルチェンジする軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」に関する情報を、本日、ホームページで先行公開しました。

    新型 N-ONE Original

     

    2017年にフルモデルチェンジしたN-BOX(エヌボックス)を皮切りに、Nのある豊かな生活を意味する「N for Life」を提案。昨年発売したN-WGN(エヌワゴン)に続き、今回のN-ONEはその第4弾となります。

     今回のフルモデルチェンジでは、2012年の発売以来多くのお客様からご好評をいただいている、タイムレスなエクステリアデザインを構成する「丸・四角・台形」を基本の形としながら、軽自動車初※1のLEDデイタイムランニングランプを搭載するなど、N-ONEを象徴するフロントフェイスをより一層磨き上げ、運転の楽しさと安全装備を充実させた3タイプ「Original」「Premium」「RS」を設定しました。


     走行性能では、軽自動車初※1FFターボと6MTを組み合わせたタイプをRSに設定。運転席はホールド性を高めたセパレートシートを採用し、運転する楽しさを追求しました。
     先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備。渋滞追従機能付※2ACC(アダプティブクルーズコントロール)に、バックでの駐車をサポートするパーキングセンサーシステムも標準装備とし、さまざまなシーンでクルマを快適に使うために必要な安全・安心を追求しました。

  • 「CR-V」をマイナーモデルチェンジし発売

    2020年06月18日

    Hondaは、世界中のお客様からご好評をいただいているロングセラーSUV、「CR-V」の日本市場向けモデルを一部改良し、6月19日(金)に発売します。

     

    今回のマイナーモデルチェンジでは、広々とした室内空間や走りの良さはそのままに、お客様からご要望の多かったシーケンシャルターンシグナルランプや、ステアリングヒーターなどの上級装備を標準装備としたほか、これまでのカラーバリエーションを見直し、3つのカラーを新色として設定しました。

     さらに、CR-Vの新たな個性として、さまざまな専用加飾を施し、SUVの持つ力強いイメージをより強調した「BLACK EDITION」を最上級グレードに追加します。

     ハイブリッドモデルは、2モーターハイブリッドシステムの名称を「e:HEV(イーエイチイーブイ)」※1に変更します。

    ※1 e:HEV(イー エイチイーブイ)は、Hondaの電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバルコミュニケーション名称。

  • 「INSIGHT」をマイナーモデルチェンジし発売

    2020年05月29日

    Hondaは、ハイブリッド車「INSIGHT(インサイト)」をマイナーモデルチェンジし、本日発売いたします。

     

     

    「シンプルで時代に流されない、本質的な魅力を備えたクルマ」を目指し開発した3代目インサイトは、2018年12月の発売以来、シンプルかつ魅力的なロー&ワイドなデザインや、1.5L e:HEV(イーエイチイーブイ)がもたらす力強い走りといったクルマの本質を捉えた魅力に加え、ハイブリッド車であることを感じさせない居住空間、また容量519Lのトランクルームといった使い勝手においても、お客さまよりご好評をいただいております。

     今回のマイナーモデルチェンジでは、これまでのデザインや走り、使い勝手の良さはそのままに、上質感を一層高めた新グレードの追加や専用装備の設定など、時代に流されないこだわりを持ったお客さまがライフスタイルに合わせてお選びいただけるよう、ラインアップの幅を広げました。

     e:HEV(イー エイチイーブイ)は、電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバル統一呼称。

    “e:”に込められた意味 electric(電気)をenergy(原動力)にして、みんなの笑顔と元気を力強くenergize(活気づける)していく